文化財のデジタル化による保存と公開 トッパンVRが実現する、デジタル文化財の新たな価値創造

凸版印刷では、文物の正確な形をデジタル化する計測技術、印刷技術で培われたカラーマネージメント技術、高精細な画像データ処理技術を核に、文化財のデジタル保存に取り組んでいます。そして、デジタル保存されたデータの公開手法として、バーチャルリアリティ・システム、トッパンVRを開発。デジタル化された文化財アーカイブを圧倒的な臨場感と没入感のある仮想体験として、インタラクティブに鑑賞することができます。デジタル文化財の新たな価値創造、トッパンVRが実現します。

ニュースリリース

18/10/03
東京国立博物館と凸版印刷、ARで江戸城をトーハクに築城
TNM & TOPPAN ミュージアムシアターVR作品『江戸城の天守』上演連動企画
史上最大と言われる幻の江戸城天守がARで体験できるイベントを開催
18/09/20
凸版印刷、文化体験観光事業に参入
トッパントラベルサービスと共同で訪日外国人向けに日本の伝統文化を体験できるツアープログラム「Profound Tourism~心を感じる文化の旅~」の販売を開始
18/09/14
東大寺と凸版印刷、大仏修復の歴史を解説
東大寺所蔵の資料とVR作品を用いて大仏造立と修復の歴史を伝える映像作品を制作、「東大寺ミュージアム」リニューアルオープンにあわせ公開
  • デジタルアーカイブ構築 ニュースリリース一覧
  • トッパンVR関連ニュースリリース一覧

トッパンVRコンテンツ公開情報