トップ > トッパンVRを支えるアーカイブ基盤技術

トッパンVRを支えるアーカイブ基盤技術

デジタル化した文化財の公開手法として活用されるトッパンVRを支えるのが、トッパンのデジタルアーカイブ技術です。先端技術で文化財の色や形を精確に記録し、長年の印刷テクノロジーで培った色を管理する技術と高精細な画像を処理する技術が、トッパンVRの基盤技術です。

トッパンVRに活用されるアーカイブ基盤技術

計測・撮影協力:日光東照宮
VR作品『日光東照宮 国宝 陽明門」
製作・著作:日光東照宮/凸版印刷株式会社

ページの先頭へ

  • 三次元形状計測への取り組み
  • 色彩計測への取り組み
  • 高精細画像デジタル化への取り組み