トップ > トッパンVRを支えるアーカイブ基盤技術 > 高精細画像デジタル化への取り組み

高精細画像デジタル化への取り組み トッパンVRを支えるアーカイブ基盤技術

現在、デジタルカメラの高性能化が進み、高精細化、色再現性の向上、その場で確認が可能などかつてのカラーフィルムと比べてもさまざまなメリットから、文化財のデジタルアーカイブの代表的な入力手法となっています。

一方、出力側である液晶ディスプレイやデジタルプロジェクターも年々高解像度化が進み、現在トッパンVRでは4K環境でコンテンツ上映をおこなっています。そのため、以前では考えられなかったような高精細なアーカイブデータを余すことなく表現することができるようになってきています。

文化財を高精細にデジタル化することで、ひび割れなど損傷の様子、筆のタッチなど制作における技術もつぶさに見ることが出来ます。

一部を拡大表示して詳細に観察するなど、研究用途への利用も広がります。

ページの先頭へ

  • 三次元形状計測への取り組み
  • 色彩計測への取り組み