トップ > トッパンVRの特長 > 「写実性」にこだわった作品づくり

「写実性」にこだわった作品づくり トッパンVRの特長

デジタル保存した貴重な文化遺産の公開手法であるトッパンVRは、デジタルミュージアムとして、展覧会映像展示物として、企業PR館などの集客施設における映像コンテンツとして、さまざまな活用をされています。

トッパンVRでは、コンピュータ上で超高精細にCG(コンピューターグラフィックス)を描画する事を可能とする、当社独自のリアルタイム・レンダリング・エンジンを使用しています。

霧や霞などの空気感や、金箔や漆などの光沢感を表現するために必要なプログラムを自社開発し、文化財をありのままに映し出す「写実性」にこだわった作品づくりを行っています。

ページの先頭へ

  • 「見ることができないもの」の可視化