トップ > トッパンVRの特長 > 「見ることができないもの」の可視化

「見ることができないもの」の可視化 トッパンVRの特長

普段は地下に埋もれ見ることができない遺跡や、簡単には訪れることができない空間を、文化財の調査・研究資料や三次元形状計測・色彩計測データを元に、あたかも目の前にいるかのように忠実に再現しています。
また、時と共に変化してしまった形や色も、監修者の指導のもと、作られた当時の様子として表現します。

ページの先頭へ

  • 「写実性」にこだわった作品づくり