• TOP
  • 過去の上演作品

過去の上演作品

DOGU 縄文人が込めたメッセージ
DOGU 縄文人が込めたメッセージ

遥かなる時を超えて、個性豊かな土偶たちと縄文時代へタイムトリップ!

1万3千年前から1万年ほど続いた縄文時代につくられた土偶は、人を象(かたど)った土製の焼き物です。多くは女性をイメージしたといわれ、新たなる生命の誕生、多産や再生などといった、当時の人々の祈りや願いが託されたと考えられています。その造形は見れば見るほど不思議な魅力にあふれたものばかりです。
本コンテンツでは、バーチャルリアリティにより縄文世界にタイムトリップし、土偶たちとナビゲーターとの会話を通じて縄文の文化を読み解きます。どうぞ、縄文人が土偶に込めたメッセージに触れてください。

通称 ヤマネコ土偶 縄文時代中期(前3000~前2000年)

顔がヤマネコに似ているのでこうした愛称で呼ばれています。顔や肩の細かい文様は刺青(いれずみ)を表したともいわれています。ユニークな顔の表現はお面ではないかという説もあるほど、想像力をかき立てる土偶です。

通称 みみずく土偶 [重要文化財] 縄文時代後期(前2000~前1000年)

盛り上がった髪型はクシを挿している様子を表しているといわれ、耳のあたりにはピアスのようなもの、首元には対になった丸い飾り、胸にはスカーフのようなものと縄文人の豊かなファッション感覚がうかがわれます。

通称 遮光器土偶 [重要文化財] 縄文時代晩期(前1000~前400年)

土偶といえばまず思い浮かべるのはこのタイプではないでしょうか。大きな目が雪原の照り返しから目を守るイヌイットの遮光器に似ていることからこの名がつけられました。きわめて精巧なつくりの中空土偶です。

展示案内

平成館 考古展示室にて、バーチャルリアリティ作品に登場する三体(通称 ヤマネコ土偶、みみずく土偶、遮光器土偶)がそろって展示されています。

【監修】東京国立博物館 【制作】凸版印刷株式会社

ページトップへ