• TOP
  • 過去の上演作品

過去の上演作品

ミュージアムシアターはただいま休演しております。2018年1月2日(火)より再オープン予定です。
DOGU 縄文図鑑でめぐる旅 - A Pictorial Guide to the Jomon Period
DOGU 縄文図鑑でめぐる旅 - A Pictorial Guide to the Jomon Period

土偶はしゃべらない、土偶はうごかない。でも、ひとたび考古学者の手にかかれば、土偶は突然語りだすんだ。 Clay figures do not speak, nor do they move. But once they are in the hands of an archaeologist, the earthen figures begin to reveal their secrets.

1万年以上もの長きにわたって続いた縄文時代。文字による記録は残っていなくても、出土品から推測すれば当時の暮らしを想像できる。考古学の視点で土偶や土器を観察し、縄文への旅に出発しましょう!

The Jomon Period lasted for well over 10,000 years. Despite there being no written records, we can still imagine what life was like for the people during that time by the artifacts we dig up from the ground. Come with us now on a trip to the Jomon Period as we examine the clay figures and pottery through the eyes of an archaeologist.

縄文時代って、どんな時代?

今から約13000年前に始まり、1万年以上も続いた長い時代です。
当時の人々は、家を建てて住み、木の実を集め、狩りをし、手に入れた食料を土器で料理して生活していました。土器には縄を使ってつけた文様(模様)があり、縄文土器と呼ばれています。
1万年という気の遠くなるような長い期間、人々がどんな暮らしをしていたか興味がわきませんか?

土偶ってなに?

考古学者も実のところ使い道がよく分かっていないもの。
それが、土偶。

いろんな説はあるけれど、本当のところは分からない。
だって、誰も縄文時代を見たことないんですから。
だからこそ、想像して一緒に楽しみましょう。

年代順に並んだ日本各地の土偶たちと出会える「土偶ロード」

品川流!考古資料の楽しみ方
品川流ワークシートのチャレンジしてミュージアムシアターでオリジナルシールをプレゼント! ※配布は終了しました
  • ※シールの交換は、東洋館地下1階のミュージアムシアターの受付カウンターへお越しください。
    交換時間は、シアター上演日の水曜日から日曜日、祝日の月曜日の9:30~17:00となります。
  • ※火曜日はミュージアムシアターおよびホワイエは閉室しています。
    ご用の方は、東洋館1階インフォメーションにお声がけください。
  • ※シールは無くなり次第配布終了となります。
ワークシート付きパンフレット(PDF)をダウンロード

【監修】東京国立博物館 【制作】凸版印刷株式会社

ページトップへ