• TOP
  • 過去の上演作品

過去の上演作品

伊能忠敬の日本図 Map of Japan created by Ino Tadataka
伊能忠敬の日本図 Map of Japan created by Ino Tadataka -Accurate and beautiful maps of Japan produced in the 19th century

一歩ずつなぞられた日本のかたち Shape of Japan that has been traced step by step

江戸時代、56歳から17年かけて日本全国を測量し、初めて実測による日本図を完成させた伊能忠敬。彼は正確に距離を測るため、常に同じ歩幅で歩く訓練をしていたといいます。その結果できあがった地図は、現在の衛星写真にも引けを取らないほど精緻なものです。さらにそこには、山々や海岸線の地形、街道の風景に至るまでが、まるで絵画のような美しさで描かれています。
忠敬たちはどのようにしてこの精巧な地図をつくり上げたのでしょうか。その特徴から実際の測量方法まで、伊能忠敬の日本図に込められた謎をバーチャルリアリティで解き明かします。

伊能忠敬像
千葉県香取市 伊能忠敬記念館蔵

In the Edo period, Tadataka Ino surveyed Japan over a period of 17 years from the age of 56, and for the first time completed a map of Japan that had been made by taking actual measurements. In order to accurately measure distances, it is said that he trained himself to always walk with the same stride. As a result, the map he produced was so refined that it compares favorably to current satellite photos. Furthermore, he drew his map beautifully like a painting, describing details down to the terrain of the mountains and coastline and the landscape of the highways.
How did Tadataka and his team create this elaborate map? We will use virtual reality to uncover the mystery that surrounds Tadataka Ino's map of Japan, examining a wide range of aspects from the features of his work to his actual surveying method.

  • 江戸 Edo

  • 富士山 Mt.Fuji

関連展示 Related exhibition

特集 「伊能忠敬の日本図」 2015年10月14日(水)~12月23日(水・祝) 平成館企画展示室

【監修】東京国立博物館 【制作】凸版印刷株式会社
【イラスト参照】富岡八幡宮 伊能忠敬像

ページトップへ