• TOP
  • 過去の上演作品

過去の上演作品

日本工芸の名宝 色絵月梅図茶壺・八橋蒔絵螺鈿硯箱 Masterpieces of Japanese Decorative Art from the TNM Collection

野々村仁清(ののむらにんせい)作の重要文化財「色絵月梅図茶壺(いろえげつばいずちゃつぼ)」、そして尾形光琳(おがたこうりん)作の国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)」、いずれも江戸時代につくられた日本を代表する工芸品です。
野々村仁清は京焼を代表する名工で、京都洛北(らくほく)の仁和寺(にんなじ)門前に御室窯(おむろよう)を開き、天皇や公家を中心とした高い身分の人たちのために焼物を作り、色絵によって新しい境地をひらきました。この仁清の代表作、「色絵月梅図茶壺」は実に色彩豊かに満月と紅白の花が咲き誇る梅の大木を描いています。この、まるで絵画のような装飾をバーチャルリアリティによって実物では見られない視点で見ることができます。限られた空間に広がる仁清の小宇宙を感じてください。
一方の尾形光琳は同じく江戸時代を生きた、琳派を代表する天才作家です。京都の高級呉服商の家に生まれ、絵やデザインに触れることが多く、幼い頃から審美眼が養われる恵まれた環境の中で育ちました。44歳で法橋(ほっきょう)という位を与えられ、本格的に制作していたのはその頃から没するまでの15年間くらいの間だと推定されています。その間作られた光琳の数々の名作の中でも漆芸の代表作である「八橋蒔絵螺鈿硯箱」は、外側には燕子花(かきつばた)と八橋、そして内側には水の文様が表現されています。内側から水の文様を透かして外側の意匠を見ると、さまざまな視点が交差する絶対的な美の世界が広がります。

"Tea leaf Jar. Design of moon and plum tree in overglaze enamels." by Nonomura Ninsei, and "Writing box. Design of Yatsu-hashi bridge." by Ogata Korin, are both prominent Japanese works created in the Edo period. The former is classified as an Important Cultural Property and the latter as a National Treasure by the Japanese government.
Nonomura Ninsei was a craftsman most famous for kyoyaki ceramics (Kyoto ceramics). He started the Omuro kiln in front of the gates of Ninnaji Temple in the Rakuhoku area of Kyoto. He made pottery for the emperor, nobility, and other high-status customers, and he opened up a new field of work through his overglaze enamels. One of Ninsei's most definitive works, "Tea leaf Jar. Design of moon and plum tree in overglaze enamels." portrays a truly colorful scene of a full moon and great plum trees with blossoming red and white flowers. Using our digital archive, it is possible to view this painting from perspectives not possible when viewing the real article. Experience for yourself the microcosm created by Ninsei upon this limited surface.
Also of the Edo period, Ogata Korin was a genius artist of the Rinpa school. His father a high-class dry-goods dealer, Korin was blessed with an environment that put him in frequent contact with art and design, developing his sense of aesthetics from a young age. At age 44, Korin was conferred the honorary rank Hokkyo in recognition of his ability, and he is thought to have been most seriously active in his work from the time until his death 15 years later. The most prominent lacquer art piece among Korin's many great works in this period is "Writing box. Design of Yatsu-hashi bridge." The exterior of the box features irises and the "Eight Bridges (Yatsu-hashi)," a famous scene of Japanese classical literature found in The Tales of Ise (Ise monogatari). The interior is decorated with a water pattern. If the box is viewed from the inside, the interior water pattern and exterior painting overlap to create a variety of intersections in an image of utter beauty.

  • 野々村仁清 作
    重要文化財「色絵月梅図茶壺」(江戸時代・17世紀)
    By Ninsei Nonomura
    Important Cultural Property
    "Tea leaf Jar. Design of moon and plum tree
    in overglaze enamels."
    Edo Period, 17th century

  • 尾形光琳 作
    国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」(江戸時代・18世紀)
    By Ogata Korin
    National Treasure
    "Writing box. Design of Yatsu-hashi bridge."
    Edo Period, 18th century

最先端の技術でデジタルアーカイブ

このバーチャルリアリティ作品の制作にあたり、最新の計測技術を使ったデジタルアーカイブを実施しました。
「色絵月梅図茶壺」では、上下に配置した2台の高精細カメラで全周を撮影し、茶壺の形に沿って精緻に描かれた月梅図を細部までデジタル化。
一方、「八橋蒔絵螺鈿硯箱」では、特殊な照明装置を用いて、漆や金の質感の情報を記録。さらに、硯箱表面に施された金蒔絵、螺鈿、鉛板の装飾の細かな形状を3Dスキャナーで計測し、正確な形の情報を取得しました。
こうしたデジタルアーカイブデータを活用することで、ミクロの視点での鑑賞や、作品の内側からの鑑賞など、デジタルでしか実現できない鑑賞方法の提供が可能になりました。

デジタルアーカイブの様子
Digital archive

  • ミクロの視点での鑑賞
    Viewing at the micro level

  • 硯箱の内側からの視点での鑑賞
    Writing box interior

column

尾形光琳の弟には陶芸家の尾形乾山という人物がいました。乾山は内省的な性格で読書好き、学問に打ち込み早くから高い教養を持ち合わせていました。一方の光琳は派手な遊び人で浪費癖があり、亡き父の遺産を使い果たしてしまいます。生活に行き詰まった光琳と乾山はそれぞれ画家と焼物師の道を選びました。乾山は名工・野々村仁清から陶器作りを習い、陶法の秘伝を授かります。そして絵師として才能を開花させていた兄である光琳と合作をして数々の名作を生み出します。
光琳がまだ絵画に本腰を入れる前、放蕩三昧だった兄に対して乾山は手紙でたしなめました。そして地道に陶芸を志していた弟の姿を見て光琳は一念発起したといいます。
乾山は生涯己の師は兄の光琳と仁清、と言っていたようです。野々村仁清と尾形光琳、この2人は尾形乾山を通して繋がっていたのです。

関連展示 Related exhibition

重要文化財「色絵月梅図茶壺」 2015年10月27日(火)~2016年4月17日(日) 本館8室
"Tea leaf Jar. Design of moon and plum tree in overglaze enamels." October 27, 2015 to April 17, 2016 Venue: Honkan Room 8

【監修】東京国立博物館 【制作】凸版印刷株式会社

ページトップへ