上演中の作品

色絵月梅図茶壺

日本工芸の名宝 色絵月梅図茶壺・八橋蒔絵螺鈿硯箱

2020年1月2日(木)~ 3月8日(日)

バーチャルリアリティで堪能する名品の世界

仁清の重要文化財「色絵月梅図茶壺」、そして尾形光琳作の国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」は、いずれも江戸時代につくられた日本を代表する工芸品です。本作品では、この2つの名品をバーチャルリアリティならではの方法で鑑賞します。細部を拡大して見たり、作品を“内側”から見たりする視点によって広がるのは、名工が作り出した絶対的な美の世界。日本が誇る名宝の美しさをミュージアムシアターでご堪能ください。

【監修】東京国立博物館
【制作】凸版印刷株式会社

#トーハクでVR月梅八橋をつけて、SNSに投稿しよう!

感想や写真を投稿していただいた方に、
ミュージアムシアター限定 オリジナルステッカーをプレゼント!

シール交換方法

投稿画面をミュージアムシアター前カウンターのスタッフにご提示ください。

交換日時: 上演期間の水曜〜日曜・祝日 9:30〜17:00

(※ 月・火曜日は休演日のため閉室しております)

上演期間

2020年1月2日(木)~ 3月8日(日)

開演時間

水・木・金
12:00/13:00/14:00/15:00/16:00

* 2020年1月2日(木)・3日(金)は11:00〜追加上演を行います。

土・日、祝・休日
11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00

※所要時間 : 約35分
※各回定員 : 90名

※開演時間までにチケットをお買い求めください(当日券のみ)。

詳しくはご利用案内ページをご覧ください。

ENGLISH AUDIO GUIDE AVAILABLE ( FREE ) 免费出借中文语音讲解器