上演中の作品

江戸城の天守

江戸城の天守

2018年10月3日(水)~ 12月24日(月・祝)

江戸城の天守はどんな姿だったのでしょう?

徳川三代将軍家光によってつくられた江戸城最後の天守は、莫大な費用と最高の技術が注がれた、史上最大の天守だったと言われています。それはいったいどんな姿をし、どのようにつくられた建造物だったのでしょう?図面や絵図に加え、現存する文化財や伝統技術を手掛りに、来場者の皆さまと一緒に江戸城天守の再現過程をお楽しみいただくプログラムです。

細部までつくりこんだ鯱

考証を元に屋根の意匠と金具を再現

図面に基づく構造を再現

【監修】東京国立博物館
【制作】凸版印刷株式会社

特別連動企画
実物大の江戸城天守がARでトーハクに出現!

上演期間中、博物館の本館に向かってARアプリをかざすと、本館の2倍以上もある高さ約59mの実物大の「寛永の天守」が出現するAR体験イベントを実施。いまや幻となってしまった史上最大と言われる江戸城天守の往時の大きさや迫力を目の前で実感することができます。
ぜひVR作品の鑑賞とあわせてAR体験もお楽しみください!

詳しくはこちらをご覧ください。

#トーハクで江戸城2018をつけて、SNSに投稿しよう!

感想や写真を投稿していただいた方に、
ミュージアムシアター限定 オリジナル御城印ステッカーをプレゼント!

シール交換方法

投稿画面をミュージアムシアター前カウンターのスタッフにご提示ください。
交換日時:上演期間の水曜〜日曜・祝日 9:30〜17:00

(※ 月・火曜日は休演日のため閉室しております)

上演期間

2018年10月3日(水)~ 12月24日(月・祝)

開演時間

水・木・金
12:00/13:00/14:00/15:00/16:00

土・日、祝・休日
11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00

※所要時間 : 約35分
※各回定員 : 90名

※開演時間までにチケットをお買い求めください(当日券のみ)。

詳しくはご利用案内ページをご覧ください。

ENGLISH AUDIO GUIDE AVAILABLE ( FREE ) 免费出借中文语音讲解器