上演中の作品

国宝 松林図屛風-乱世を生きた絵師・等伯-

国宝 松林図屛風-乱世を生きた絵師・等伯-

2020年10月7日(水)〜 2021年1月17日(日) ※12月21日(月)〜 1月1日(金)はシアター休演期間

戦国武将が天下を夢みて挑んだように、絵筆によって新しい時代を切り拓こうと挑んだ長谷川等伯。
日本水墨画の最高傑作とも称される「松林図屛風」の魅力と謎に迫る。

墨の濃淡のみで巧みに描かれた、しっとりと深い霧に包まれている松林の風景。東京国立博物館所蔵の数ある国宝の中でも、安土桃山時代を代表する巨匠 長谷川等伯が描いた「松林図屛風」は極めて人気の高い作品です。また、一方で実は謎の多い作品でもあります。本VR作品では、当時の時代背景から松林図の成り立ちを推理し、作者である等伯の画業の歩みを辿ります。長谷川一門を共に支えた息子・久蔵の存在や、時の天下人であった豊臣秀吉の命を受け親子で制作した障壁画「楓図」「桜図」(国宝/智積院蔵)など、松林図へとつながるエピソードを解説し、作品の持つ魅力に迫ります。

【監修】東京国立博物館、文化財活用センター
【制作】凸版印刷株式会社

#トーハクでVR松林図をつけて、SNSに投稿しよう!

感想や写真を投稿していただいた方に、
ミュージアムシアター限定 オリジナルステッカーをプレゼント!

シール交換方法

投稿画面をミュージアムシアター前カウンターのスタッフにご提示ください。

交換日時: 上演期間の水曜〜日曜・祝日 9:30〜17:00

※ 月・火曜日は休演日のため閉室しております

※ 交換日時は変更になる場合がございます

上演期間

※上演スケジュール・定員は都合により変更する場合がございます。

※TNM & TOPPAN ミュージアムシアターの新型コロナウイルス感染拡大防止対策につきましては、こちらをご確認ください。

2020年10月7日(水)〜 2021年1月17日(日)

※12月21日(月)〜 1月1日(金)はシアター休演期間

開演時間

水〜日・祝・休日
11:00/12:00/13:30/15:00/16:00

※所要時間 : 約35分
※各回定員 : 90名

※博物館の入館に際しては、オンラインでの事前予約が必要です。

※途中入場はできません。

※開演時間までにチケットをお買い求めください(当日券のみ)。

詳しくはご利用案内ページをご覧ください。